「ジュラシックパーク」着信音[メインテーマ]

「ジュラシックパーク」の壮大なテーマ曲が、iPhoneの着信音に使えます。

癒しのオルゴールもあり、オリジナルの着信音もダウンロード可能です。

(ちなみに、メインテーマの作曲者はジョン・ウィリアムズです。)

 

「ジュラシックパーク」

マイケル・クライトンの原作小説を、巨匠スピルバーグ監督が実写映像化しました。

「ジュラシックパーク」の舞台となるのは架空の島で、南米のコスタリカ沖という設定です。

この島で太古の恐竜たちを最新の遺伝子技術を用いて復活させます。

現在は、シリーズとして5作品が作成されており、
恐竜映画の代名詞と言われるようなものになっています。

非常に人気のある映画となっており、大阪にあるテーマパーク、「USJ」のアトラクションも人気です。

その「ジュラシックパーク」の一作目は、1993年に放送され、日本だけでも128億円の興行収入を上げるほど話題となりました。

その魅力ですが、まず「スピルバーグの構成力」という所です。

彼は、「ジョーズ」、「ET」、「宇宙戦争」などを制作されています。SF関連が多く、巨匠と呼ぶに相応しい数々の映画を世に送り出しました。

その中でも、「ジュラシックパーク」は、現代に近い位置ずけとなっており、

大昔に、地球にいたと言われている恐竜に焦点を当てて映画化されています。

以前から恐竜モノの映画はあったのですが、「ジュラシックパーク」の凄さは、設定の細かさです。

実現可能だと思わせるほどの構成力と、リアルな恐竜の描写が印象的です。

特性や性格についても非常に研究されており、映画に反映されていて、完成度が非常に高いという所が魅力の一つです。

そして「ジュラシックパーク」では、登場する恐竜の仕草や行動についても、リアルさを徹底しています。

「ジョーズ」と同じような構図のなかに、恐竜を出すことで、現実にいない生物に襲われる恐怖感を演出しています。

恐竜の計り知れない強さなどの表現がとても印象的でした。

特に、恐竜の王とも言われているティラノサウルスについては、スピルバーグも力を入れていたのが伺えます。

原寸大のアニマトロニクスを使用して撮影する技術は見事です。CGとは一味違うリアリティを作品に与えています。

実際にティラノサウルスの登場シーンは、非常に素晴らしい演出でした。

テーマ曲も壮大な感じが漂っていて、映画に欠かせないです。

最新映画の「ジュラシックワールド」になると、全体がより洗練されていますので、圧倒されるのは間違いないです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA