「セーラームーン」着信音[テーマソング]

「セーラームーン」の着信音

「恋する乙女心8」
[タキシード仮面登場のテーマ]

「愛の戦士」
[石田よう子]
[挿入歌]

「MOON PRIDE」
[ももいろクローバーZ]
[オープニングテーマ]

「ムーンライト伝説」
[清水暁子]

「キラリ☆セーラードリーム!」
[小枝]

「Moon Revenge」
[主題歌]

「月虹」
[エンディングテーマ]

「タキシード・ミラージュ」

「eternal eternity」

「ムーン・プリズム・パワー・メイクアップ!」

[効果音]

[ヴィーナス]

[マーキュリー]

[ネプチューン]

[ジュピター]

[タキシード仮面]

[着ボイス]

「しびれるくらい電話してやるよ」

「月にかわってお知らせよ!」

「セーラームーン」の着信音は、主題歌から一部メンバーのテーマソングがダウンロード可能。iPhoneでも楽しめるのが特徴です。

「美少女戦士セーラームーン」

女の子の「好き」がたくさん詰まったヒット作で、映画や実写化までされています。

このアニメが登場するまで、女の子が守ってあげるという内容は、少なかったのではないかと思います。

しかも可愛らしいセーラー服を着て戦うのですから、インパクトがあります。

武器も一工夫されており、宝石を使ったティアラや、スティックだったりと豪華な装飾品が多いです。

そして変身アイテムは、ブローチやペン等、魅力的な物ばかりです。だから「セーラームーン」を観ている子は、そのグッズに憧れを抱きます。

内容もロマンチックな部分があって、普通の女の子の「うさぎ」が、実は月の王国のプリンセスの生まれ変わりだったのは神秘的です。

また、前世で彼女を守っていた戦士達が現代に集まって、月野うさぎと同じ立場になっているのもいいです。

「セーラームーン」の原作では、プリンセス命の部分もありますが、アニメは、大事な友達の1人ということになっています。そういった違いも面白さの一つです。

人としても理想的で、主人公の月野うさぎは決して嫌味がなく友達を作るのが得意です。

前世で守ってくれていた守護戦士と、すぐに仲良くなりますし、とても大事にしています。

これは4人に限らず、後から登場する新しい仲間に対してもそうで、彼女の愛の深さが感じられました。

それから「セーラームーン」の変身シーンは、アニメにしては色っぽくて女子以外も引き付けるような演出です。

当時はまだ、CG技術がなかったのですが、無印時代からスターズまでセーラームーンの変身シーンは、サウンドも含めて魅力的でした。

敵をやっつけるときの爽快感もありますが、ピンチになると助けてくれるタキシード仮面、そして、メンバーの絶対あきらめない強い心は、感動するし、学べます。

無印の最終回では、あまりの衝撃に体調を崩した子もいたので、それだけセーラームーンの影響は大きいと分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA