「アンビバレント」着うた[欅坂46]

「アンビバレント」は、欅坂46の曲です。平手友梨奈さんがセンターで7枚目のシングルです。

 

関連の曲

「Student Dance」
カップリング

「日が昇るまで」

「ガラスを割れ!」
欅坂46のシングル

「ジコチューで行こう!」
姉妹グループ[乃木坂46]の曲

 

「アンビバレント」

この言葉には意味があって、同じ物事に対して、相反する感情を同時に抱くことです。

今回もセンターを務める平手友梨奈に、またもや似合う言葉です。

一時は、センターの重圧に潰されてしまったのではないかと囁かれた彼女だが、そんな噂を感じさせません。

「アンビバレント」に、思いを表現していくそのさまは、ファンのみならず全ての人に刺さるのではないでしょうか?

人の目を気にしないで、好きに生きていくという決意が込められているから、迷いがちな若者や、夢を失った大人の心もつかむと思います。

少し古めかしいサウンドも、全ての世代に親しみが持てるでしょうね。

「アンビバレント」は、少し変わった曲調ですが、馴染みやすく、早口なサビは何度も聞聴いていたくなります。

曲中に出てくる「ヘイ!」というコールアンドレスポンスも心が踊ります。

きっと夏フェスや、ライブなどでも絶対に盛り上がる一曲です。

また、Aメロはガールズラップという流行りもしっかり押さえていながら、無理をさせないラップになっていて、聴き心地がよいです。

一気に言葉を畳み掛けながら訴えかけてくるのに、適度に脱力感があります。

それで生じたスキマに、それぞれが自己を投影できて、完璧にみえるような欅坂46だが、

自分を見つめさせてくれる楽曲が多く、これもその中の一曲だ。

最後の歌詞を繰り返すところは、心の叫びを代弁してくれたかのような気持ちになります。

この言葉を残して終わることに意味があり、「アンビバレント」を聴けば、自由になれた感覚になれます。

そんな胸に響くような曲は、平成最後の夏にふさわしいです。