「サザエさん」着信音[挿入歌]

「サザエさん」の挿入歌、もしくは効果音が配信しています。

さらに、キャラクターのテーマ曲も着信音として楽しめます。

サウンドも一種類のみならず、いくつもあるので飽きることなく使えますよ。
(ダウンロードは、iPhoneからもOKです。)

 

「サザエさん」の着信音

「楽しい磯野家」
[越部信義]

「オープニング曲」
[ザ・ウタスキーズ]

「サブタイトル」

「スケッチ」

「サザエさん一家」
[宇野ゆう子]
[エンディングテーマ]

「ハーイ」
[着ボイス]

「ちゃー!」

「バブー」

「まちなさーい!電話よ!」

「お兄ちゃーん、メールよ!」

キャラクターのテーマソングには、「カツオ」、「波平」、「タラ」があります。

 

「サザエさん」

平成を代表する国民的アニメで、今もフジテレビ系列で放送されています。

元々サザエさんは、朝日新聞社の4コマ漫画からスタートしており、原作者は長谷川町子氏です。

現在の内容は、原作を元に脚本家が構成しているようです。

「サザエさん」は単行本でも手に入りますが、アニメーションとしても観ることが出来ます。魅力はいくつかあり、まずエンディングの際に流れる物語は、3ヶ月毎に変わるので注目です。

次にサザエさんの時代設定です。昭和から平成にかけての家族やご近所とのつながりが、いつまでも感じられるというのは、このアニメにならでは。

毎週1回は必ず出てくる、一家団らんの場面は、誰しも容易に思い出せます。

あの光景は、現在の日本では
ほとんど無くなってしまったと感じます。

夜ご飯をみんなで囲み、晩酌をする場面がとても暖かく、ほっこりした気持ちになれます。

また、サザエさんを取り巻くキャラクターたちも個性が光っています。

例えば、不動産の一人娘「花沢さん」は、殿堂入りのピュアさを持っていて、
カツオの事が大好きな彼女が、アプローチをかけていく姿は健気です。

アニメの中でピュアなのは、タラちゃんや「ワカメ」をイメージしがちですが、

カツオのために一生懸命に可愛くなろうとする花沢さんも、かなり純粋です。

サザエさんに服を選んでもらったり、カツオにアタックしすぎて避けられることがあっても、めげずに挑む肉食系女子です。そんな花沢さんの恋にも注目です。

そして挿入歌も、「サザエさん」には欠かせません。
昔から変わらない曲もいくつかあり、誰でも覚えていると思います。

しかし、ここ数年で挿入歌も少しずつ変化していて、
今までなかった不協和音も使われるようになりました。

それもあって、聞いていると中々面白い曲も増えていってます。

大切な部分を残しながらも、現代に合わせたものを取り入れていく柔軟な構成が、このアニメの面白さになっているのかもしれません。

つまり「サザエさん」が沢山の人に愛されてるのは、視聴者に通じる部分が多々あるからではないでしょうか。