「ジコチューで行こう!」着うた[乃木坂46]

「ジコチューで行こう!」は、自分らしさとは何かを改めて考えさせてくれる、明るくて可愛い楽曲です。

センターは齋藤飛鳥さんで、今回が2回目になります。

「ジコチューで行こう」の着うたは、iPhoneからダウンロード可能です。

着信音としても使えますので、ぜひお試しください。

 

「ジコチューで行こう」関連の曲

「空扉」
[カップリング、映画の主題歌]

「インフルエンサー」

「あんなに好きだったのに…」
[乃木坂46出演の「高校生クイズ2018」応援ソング]

「アンビバレント」
[姉妹グループ欅坂46のシングル]

 

「ジコチューで行こう」

本来の言葉自体は、ネガティブな印象を持ち方ですが、この曲では自分らしく行こうという意味が込められています。

明るい曲調に乗せられているので、嫌味な感じは一切なく、前向きな気持ちにさせてくれます。

また、夏感満載のアップテンポだから、聴いているだけで気分が上がります。

「ジコチューで行こう」は、今まで担当する齋藤飛鳥の曲は少しダークな部分があったので、今回はすごく新鮮な印象です。

いつもクールな彼女の笑顔がかわいくて、いつもとのギャップにやられると思います。

これからはマイナー調な曲ばかりではなく、「ジコチューで行こう!」のようなアゲアゲの歌も期待したいです。

乃木坂46と言えば、シリアスな曲調も多いですが、今回のシングルはファンにとってはかなり意外な路線だったかもしれません。

しかし形に縛られることなく、乃木坂46らしさも残っている楽曲です。

さらに歌詞の中には「この瞬間を無駄にしない 人生あっという間だ」という部分があって、心が打たれます。

こういうフレーズが「ジコチューで行こう!」に含まれているから、「確かに!今を楽しまなきゃな!と思えます。乃木坂46の可愛いメンバーたちが、明るく歌っているのも相まって印象深いシングルです。

ちょっとした言葉遊びもあって、1番の歌詞では「マイウェイ」のところが、2番では「マイペース」になっていたり、違った変化を楽しめます。

それに、しっかり自分を持っている齋藤飛鳥にぴったりの楽曲ですし、自分らしく行くことに前向きになれるサマーソングだと思います。