「スポンジボブ」着信音[オープニングテーマ]

「スポンジボブ」のオープニングテーマがiPhoneより聴けます。

オルゴールでお楽しみ頂けるのと、着信音にも適していますのでダウンロードしてみてはいかがですか?

あと、「スポンジボブ」の曲以外に、「ひつじのショーン」、「ぐでたま」、「ミニオン」、「ポプテピピック」があるので、気になる場合は確認してみましょう。

LINE対応の着信音サイトならHitMusicも人気です。

 

「スポンジボブ」の曲

主題歌は、陽気なテンポでユニークなサウンドが特徴です。

それからエンディングテーマは、RIP SLYMEが担当していて落ち着いた雰囲気の曲です。

 

「スポンジボブ」

緩くて少しブラックで、日本のアニメには無い独特な雰囲気を持っています。

原案はステファン・ヒーレンバーグ氏です。

内容は前向きで、どんな問題が起こってもシュールな方法で解決するから予測出来ない面白さがあります。

「スポンジボブ」の海外ならではの絵柄もキュートで、奇想天外なキャラクター達が集まっています。

例えばプランクトンやカニが出てきたり、主人公が海綿体なので度肝を抜かれます。

この時点で日本の子供向けアニメには無いので、関心を抱く人が大半です。

物語の舞台が海中というのもあって、それもスポンジボブの特別感を出しています。

またアニメを観てみると、可愛い絵からは想像できないような少しグロテスクな演出もありますが、それも魅力の一つです。

スポンジボブと大親友であるパトリックのやりとりも面白い場面の一つですが、正直彼の発想には視聴者はついていけない部分が少なからずあります。

一方で、スポンジボブの優しいんだか、その場しのぎなのか分からない対応力には、いつも驚かされます。

実はこのアニメ、絵柄と世界観からは想像できませんが、現実社会の縮図にもなっています。

友達、上司、同僚との人間関係がメインなのでシリアスな場面もあります。

それゆえに、大人が学べることも多くて、スポンジボブみたいに色々なことを上手くかわしていきながら生きていけたらどんなにいいかと、人生観についても考えられるアニメです。

そして、内容以外にも魅力があって、特にオープニング曲がとても印象的です。

一度聴いたら忘れられない中毒性があります。
歌詞も独特で、スポンジボブの世界観を凝縮しているから頭に残ります。

ふとした時につい口ずさんでしまうような曲だから注目してみてください。

「スポンジボブ」は何も考えないで観ていられますし、深く読み取ってみても面白いです。

つまり、どんな視点からも楽しめる部分が「スポンジボブ」一番の魅力になっています。