「ターミネーター」着信音[テーマ曲]

強烈なインパクトを残す「ターミネーター」ですが、あの曲が加わることによって、さらに緊張感が増します。

iPhoneの着信音にも使えますので、ダウンロードしてみましょう。

映画のみならず、ドラマの主題歌もあります。

 

「ターミネーター」の曲

「I’d Love To Change The World」
[Jetta]
映画「新起動/ジェニシス」

「GHOST」
[Gackt]
海外ドラマ「サラ・コナー・クロニクルズ」主題歌

「THE TERMINATOR」
[Brad Fiedel]
[テーマソング]

 

「ターミネーター」

ジェームズ・キャメロンが手掛けている映画で、物語やアクションに筋があります。

1984年にアメリカで製作された映画で、後にシリーズ化されました。

その中でも第一作目は、衝撃的なインパクトを与え、大ヒットしました。

「ターミネーター」の魅力といえば、遠い未来の話ではなく、近い将来に起こり得るということ。
妙にリアルですから、どこか他人事では済ませられない面もあります。

そして何と言っても、映画に登場するアーノルドシュワルツェネッガー演じるターミネーターの存在感。

簡単に言うと進化した人間型ロボットでとても印象的です。

内容も、予期しているかのようで、近未来の様子が出てきます。

「ターミネーター」では、「スカイネット」が世の中を支配していて、それが、優れた人間型のロボットを作ってしまいます。

そして、「スカイネット」に反抗している軍団のリーダーを消すため、過去に遡って彼の母親を狙うと言う物語です。タイムスリップして過去へ行き、未然に主導者の親の命を奪うという発想は斬新です。

ただし映画なので、矛盾するようなことや、気になる点はいくつかあります。
でも、これはフィクションであって、現実ではありません。映画館で、もしくは自宅で鑑賞する娯楽なんですね。

だからある程度は、大げさに物語が展開されていないと、観てるほうも面白くないということがあります。

つじつまが合っていれば、後の細かいことは気にせずに映画を鑑賞すれば楽しめます。

まさにターミネーターがこれに該当しますし、抜群のアクション、恋愛、そして感動も詰まっています。
名場面も多く、アーノルドシュワルツェネッガーの「I`ll be back」は、忘れられないほどの台詞です。

以上の理由から、今後も長く語り継がれていく映画なのは確かです。