「化物語」着信音[テーマ曲]

「化物語」のアニソンをはじめ、パチスロで使用されている曲がスマートフォンから聴けます。

着信音としても、楽しめますから、ファンの人は手に入れてみましょう。

 

「化物語」着信音[パチスロ曲含む]

「帰り道」
[mami]

「ambivalent world」

[テーマソング]
「君の知らない物語」
[supercell]

[オープニング曲]
「恋愛サーキュレーション」
[千石撫子(花澤香菜)]

「staple stable」
[戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)]

 

「化物語」

特殊な世界観を持つダークファンタジーと、青春時代の学園物語の要素を持つアニメです。

その多彩な構成に、徐々に引き込まれていきます。

まず主人公である阿良々木暦は、正義感が強く困っている人を放っておけない性格です。

一方で、少し抜けたようなところもあり、親しみやすいキャラクターです。

ある事件がきっかけでヴァンパイアの力を手に入れて、その人並み外れた驚異的な力を使ってあらゆる敵キャラに挑んでいきます。

戦闘の場面は迫力満点で、臨場感が出ていて格好良いです。
ただ、少しグロイ描写もあるから、嫌悪感を抱く人もいるかもしれません。

また、「化物語」に出てくる阿良々木暦の妹たちもキュートです。

活発なタイプと、大人しい子がいますが、どちらも人気があります。
人によっては羨ましい環境だと思えるでしょう。

そして主人公は、暦の運命共同体である伝説の吸血鬼だから、女の子にとてもよくモテます。

今は子供の見た目になってしまったツンデレキャラの忍野や、ナイスバディで優等生の羽川翼を筆頭に、それぞれ違う魅力を持ったヒロインから好かれます。

一癖はありますが、男だったら誰もが憧れる色々なタイプの可愛い子がいます。

その彼女たちの萌えシーンや、少し刺激的な要素を含むハーレムも満載で、見ていて飽きがきません。

特に猫に取り憑かれて、ブラック羽川になった時の猫語が可愛くて一押しです。「化物語」ファンになるきっかけになると思います。

起こる事件も興味深いものが多く、人の弱い心につけ込んでくる化物や、幽霊が出てきます。

その危険な怪異退治をするスリリングな展開に毎回とても引き込まれていきます。

また「ドラゴンボール」といった、身近に感じられる名作アニメをネタにすることがあるので、その世代にはたまりません。

「化物語」は、愉快なコメディの要素を取り入れて、親しみを感じさせているのも見どころです。