「妖怪ウォッチ」着信音[アニメのテーマ曲]

「妖怪ウォッチ」のテーマ曲や効果音がダウンロード出来ます。

iPhoneのアラームや、メールの着信音に使えますし、およそ90曲から選べます。

珍しいサウンドもありますので実際に聴いてみましょう。

 

「妖怪ウォッチ」の着信音

「のんびりした場所」
[西郷憲一郎]

「ケータの家」

「照國神社の熊手」
[キング・クリームソーダ]
[オープニングテーマ]

「ゲラゲラポーのうた」

「人生ドラマチック」

「ふるさとジャポン」
[LinQ]
[エンディング曲]

「ようかい体操第一」
[Dream5]

「ハロ・クリダンス」

「望遠のマーチ」
[BUMP OF CHICKEN]
「妖怪ウォッチワールド」CMソング

「サーチ効果音」

「ウィッス!」

「メール、キターッ!!」

「電話が鳴ってるダニ」

「オレッちが朝を知らせるニャン!」

 

「妖怪ウォッチ」

元は2013年に発売されたニンテンドー3DS専用のゲームで、スピンオフを含めると、計7本のソフトが販売されております。

そして「妖怪ウォッチ」が社会現象のきっかけになったアニメは、テレビ東京にて放送開始されました。

物語の舞台は小学生達の日常で、彼らの周りで起こる不可解な出来事が、妖怪達のせいだという内容になってます。

毎回1話完結タイプで、
その中に、いくつかの物語を織り交ぜているから、いつ観ても新鮮に感じるアニメです。

主人公のケイタは、パッとせず何をしても普通という男の子ですが、相棒のジバニャンというキャラが、とても愛らしい見た目で大人気でした。

「妖怪ウォッチ」は、ホラー要素は少なく、ほぼコメディタッチでギャグ感が非常に強いです。

真似しやすい台詞も多く、幼児や小学生の間で妖怪のセリフで「む〜り〜」が流行りました。

また、親世代が観ていたドラマもパロディーにしていて、「3年Y組にゃんぱち先生」や、

「太陽にほえるズラ!」等、コントのような回もシリーズ化していて親も笑えるような大人気アニメです。

他にも、妖怪繋がりで「ゲゲゲの鬼太郎」が映画に出てきたりするので、かなり盛り上がりました。

また、作中でケイタが所持している「妖怪ウォッチ」という腕時計が販売され、その商品は爆発的にヒットしています。

第一弾の時には売り切れ続出で、かなり入手困難になったほどです。

そして、そのグッズと併用する「妖怪メダル」というのも発売され、集めている子供が多くいました。

テーマ曲も大ヒットしており、振り付けと一緒に歌うのが大流行しました。

中でもDream5の「ようかい第一体操」や、キング・クリームソーダの歌は代表的です。

その「妖怪ウォッチ」のブームは今も勢いがあり、

国民的バンドのBUMP OF CHICKENとコラボしたり、一位になったアプリゲームも絶好調です。

アニメも「妖怪ウォッチシャドウサイト」という新章が始まっていますので、今後も人気は上がっていくでしょう。