「パプリカ」着信音[米津玄師]

米津玄師が手掛け、「Foorin」が歌っている「パプリカ」の着信音は、スマートフォンにてダウンロード可能です。

それから米津玄師が今までに発売した曲も全て配信中で、iPhoneのメールやLINEにも対応してます。

▽▽

「パプリカ」関連の着信音

「ダンディーひつじ執事」

「よろしく~みんなのうたバージョン」

「コイシテイルカ」

「あした会おうね」

「ゆきだるまかぞく」

「おしりたんてい」

「ピンクと呪文」

「馬と鹿」

「パプリカ」

2018年の8月に発売された、米津玄師が作曲と作詞をしたサウンドで、「Foorin」という小中学生のグループが歌っています。

「パプリカ」は2020応援ソングプロジェクトによる曲で、NHK「みんなのうた」としても流れており、小さな子供から大人まで老若男女問わず親しまれています。また、第61回日本レコード大賞にも選ばれています。

「パプリカ」は2018年に発売されたにも関わらず、現在も大変人気があり、保育園や、運動会、小学校の学習発表会、障がい児施設、老人ホーム等、様々な場所で使用されています。

日本国民のほとんどが認知しているほど有名ですし、覚えやすいテンポやフレーズとダンスに特徴があります。突然「パプリカ」が流れても子供たちがみんな一つになって盛り上がるほどです。

そして何より、この曲を聴くと明るくなれます。気分が沈んでいたとしても、絶妙なサウンドによって癒されるでしょう。

また、米津玄師が自ら歌っている「パプリカ」では、本当に同じ曲?と思うほど全く違った雰囲気を出しており、とてもおしゃれにそして米津らしい切なさがあります。こっちは楽しく笑顔にというよりは、歌詞が心にしみわたるといった感じの仕上がりになっています。
どちらの「パプリカ」も、それぞれが違ったテイストを出していて良いです。

また、英語バージョンでも出しており、「Foorin team E」という5人組ユニットもいます。
第70回紅白歌合戦にもFoorinと一緒に出場していたので見たことがある方もいるのではないでしょうか?
子供にもっと英語を触れてほしいと思っている方は、ぜひ聴かせてみましょう。とても楽しく抵抗なく英語に親しむことが出来ると思います。

そんな「パプリカ」、これからもみんなに親しまれ、大好きな曲として歌い続けられるでしょう。

オリコンミュージックストアやHit Musicより着信音のダウンロードが出来ます。iPhoneを始め、LINEにも利用可能ですし、「パプリカ」のピアノ、オルゴールといった着メロもあります。