「SUITS/スーツ」ドラマ主題歌「WOLF」

「SUITS」の主題歌「WOLF」が配信されました。

ダウンロードや、曲のプレゼントがiPhoneから行えます。

「WOLF」以外にも、中島裕翔さん演じる[大輔]の着信音もあります。

 

「SUITS/スーツ」

イギリスのハリー王子と結婚したメーガン妃が、魅力的なパラリーガルとして出演したドラマです。

原作はアメリカで、大ブームを引き起こしています。

日本版の「SUITS」では、大手事務所に所属する超敏腕弁護士[甲斐正午]を織田裕二氏が演じています。

そして、頭脳明晰で異常な記憶力を持つ鈴木大輔役を務めるのが、甘いマスクの中島裕翔です。

この二人が「SUITS」の中心となっており、型破りなスタイルで仕事をこなしていきます。

甲斐の部下として働くことになった大輔は、賢いけれども実は弁護士資格を持っていませんでした。

しかし人並み外れた記憶力や機転を買われ、弁護士として働くことになるのです。

急に超エリートばかりの事務所に入ったので、最初は空回りしていますが、慣れていくうちに才能を発揮していきます。

また、甲斐のライバルからは、常に疑いの目で見られているからバレるのではないか?と心配になります。

この辺りの駆け引きも「SUITS」の見どころです。

そしてドラマに欠かせない出演者も数名います。

人の揚げ足を取ろうとする蟹江や、自由奔放な秘書の玉井、事務所で働くパラリーガルの聖澤が、
どのような絡みを見せていくのか期待が高まります。

もちろん、事務所代表の幸村チカが、リーダーとして甲斐と蟹江をどう束ねていくのかもポイントだと思います。

今後「SUITS」の物語に何が起こるか分かりませんが、
勝つためなら何でもやる甲斐の姿勢や、鈴木大輔の優れた記憶力をどのようにドラマに絡めていくかが楽しみなところです。

あと、甲斐がなぜ傲慢な弁護士になったのかという経緯もあったら観てみたいと思います。

原作では、ライバルのルイスや秘書のドナが、かなり強烈で、シリアスな中にもギャグ要素が組み込まれていたのでクスッと笑えるところがありました。

だから日本版「SUITS」でも、どのような演技を見せてくれるのか期待大です。

 

「SUITS/スーツ」概要

[原作]アメリカ

[主題歌]
「WOLF」を歌っているのはB’zです。

ドラマの挿入歌は眞鍋昭大が制作しています。

[出演者]

[甲斐正午][織田裕二]

[大輔][中島裕翔]

[幸村チカ][鈴木保奈美]

[蟹江貢][小手伸也]

[玉井伽耶子][中村アン]

[聖澤真琴][新木優子]

 

「WOLF」

B’zの曲です。ドラマ「SUITS」の主題歌になっており、とてもかっこいいです。

また、本人たちがコメントしているように、思わず体が動くようなロックに仕上がっています。

「WOLF」の曲調に関しては、疾走感や、魂の表現が感じられて勢いがあります。

「ultra soul」みたいにインパクトがあり、カラオケで歌ったら盛り上がること間違いなしです。

曲は男性向きのようにも思えますが、ストレートな歌詞を見ると、女性の胸にも突き刺さるものがあり、性別問わず好まれると思います。

「WOLF」は表現力も豊かで、
何より、かっこいいサウンドで歌いこなす稲葉浩志も大きなポイントです。

高いキーを上手に歌う音域の広い声や、力強くて伸びがある部分は気持ちよく聴けるでしょう。

そのため、本来持っている「WOLF」の魅力が、稲葉浩志の声のおかげで倍増しているように感じられます。

あわせて、松本孝弘のピックさばきや、かっこよさが映像を観なくてもイメージ出来ます。

「WOLF」はB’zらしさを出しながらも、ドラマの主題歌としてマッチしている曲です。