[トリック]着信音[テーマ曲]

トリックの主題歌[月光]や[Mystic Antique]の着信音が、ダウンロード可能です(‘ω’)

トリックの着信音

[流星群]
〔鬼束ちひろ〕

[Mystic Antique]

[His Alias Is]
〔辻陽〕

[月光]
〔主題歌〕

[ラッキー・マリア]
〔Joelle〕

〔着ボイス〕

[Why don’t you do your best?]

[全部まるっとお見通しだ!]

[電話でも何でも、どんと来~い!]

[謎はとべてすけた!!]

[なぜベストを尽くさないのか]

着信音のダウンロードはコチラ(‘ω’)ノ

[トリック]

シリーズ化されたドラマで面白い要素が散りばめられています。
まずはキャラクターのユニークさです。普通のサスペンスドラマは、基本的にギャグが少なく、重苦しい雰囲気があります。
起きた事件を解決するために寡黙な刑事が走るというのが昔の在り方でした。

けれどもトリックは仲間由紀恵演じる変わり者の山田奈緒子と、
お調子者の上田次郎(阿部寛)のユニークな会話が中心でテンポよく物語が進行します。矢部警部補(生瀬勝久)によって事態が複雑化していく様子も見どころ。

他にも出演する各々の個性が確立しており、どの人物の会話も濃いドラマは稀なのと、サスペンスという暗くなりがちなジャンルに明るい雰囲気を織り交ぜているのはトリック特有です。

続いての特徴が、作中に生まれるフレーズ。山田奈緒子が犯人を突き止めたときの決め台詞[お前のやった事は全部お見通しだ]や、上田次郎の無責任な[どんと来ーい]の言葉は、一度聴いたら頭から離れなくなります。

他にも[ガッツ石まっ虫]という、名前を聞くだけで笑ってしまいそうになるフレーズも度々出てきます。これらのフレーズを聞きたくて、毎週トリックを観る人もいたのではないでしょうか。これも他のドラマにはない魅力となります。

また[トリック]の中では、他の番組やアニメのパロディが非常に多いです。例えば少年JUMPシリーズや金田一の真似だったりと、他のキャラクターの良さを欲張るように取り入れています。実際ドラマを観ていると、大丈夫なのかと思う箇所も多々ありますが、それほどパロディが多いです。

基本シリアスな場面が続くドラマですが、突如現れるパロディにより、一気に雰囲気が明るくなるのもトリックならでは。

サスペンスというジャンルの中に、笑いを多く入れる事で大人も子供も楽しめるのです。これこそトリックが多くの人から愛される理由になります。